つまらない!エイプリルフールを取り巻いている面白くない空気感の正体

牛のマスクが空に向かって叫んでいる

エイプリルフールなんていらない?

帽子のまーし。
こんにちは!あなたに”ハッと”気付きを与える禅タロットセラピスト・帽子のまーし。(boushinomarshi_)です。

4月1日、エイプリルフール。
皆さんは好きですか?

嘘に付き合うのにもう疲れた。
本当なのか嘘なのかわからなくて面倒くさい。
苦手。つまんない。いらない。
しんどい。すべってる。
エイプリルフールという
権威を持った時点で
それに乗っかっても面白くない。

そんな風に感じている人も多いのでは?

企画でも
エイプリル採用なんてのも
あったりしますが、そろそろなんだか
違和感を感じます。

エイプリルフールに限らず、
あなたも

「人を楽しませたい」っていう
気持ちの裏で
『人を楽しませないと、自分は楽しんではいけない』という罪悪感

を持ったりはしていないですか?

そして、そんな人たちが
エイプリルフールを
作っているからつまらない痛々しい空気が流れているんじゃないだろうか

何かを償うために毎日を生きている人たち

こんな特徴がある人は要注意かも。

  • アウトプットのためにインプットしている
  • 休日だって何かを吸収しなくてはいけない
  • 実学的じゃない本や映画は悪だ

 

たとえば
無条件でオフを楽しめていない人は

ダメな自分ではいけない
いい人でないといけない
迷惑をかけてはいけない
認められる人間にならないといけない

という思いが人より強かったりする。
ずーっとイライラしている。
それが

「自分は全然まだまだだ」

という思いを作り、
そして、

そんな自分は楽しんではいけない
そんな自分は幸せになってはいけない

と必死であがき苦しんでいたりします。

 

純粋に
自分のために生きることができず

ずっと
何かを償おうとしていませんか。

OSHO禅タロットのSTRESS(ストレス)

OSHO禅タロットのSTRESS(ストレス)。必死で期待に応えようと疲れていませんか?

 

罪悪感で頑張ってもうまくいかない。長く続かない

その卑屈さが昇華され
現実がうまくいっているなら
なーんも問題ないです。

しんどさを上回る
好き!
楽しい!
がある人は本当にそれは幸せなこと。
でも

「気付いたら、あれ…これ楽しくないぞ!?」

っていう行為なら
それは適正ではないんだと思う。
(もしくは潜在意識が、「上手くいくこと」を避けているか)

 

個人ブロガーさんでもそう。
とにかくレポやレビューを書いては

体験をアウトプットしなくてはいけない

と裏にある罪悪感に気付かず、
ワーカホリックになっている人は多い。

余計なお世話なので言いませんが、
見ていて
この人しんどそ~(;一_一)
と思うことはあります。

というか
僕がそうだったのです。

休みの日に遊ぶことができない。
なんか24時間仕事していないといけない。
職場にいた時も
仕事に関係ないことは喋ってはいけない
みたいな。

で、
頑張っても頑張っても
うまくいきませんでした。
頑張っても頑張っても
天井は越えられませんでした。

OSHO禅タロットのEXHAUSTION(消耗)

OSHO禅タロットのEXHAUSTION(消耗)。無理してあれもこれも頑張ったり我慢してると、そのうちブレーカーが落ちちゃうよ。

 

罪悪感がデフォルトだと当たり前すぎて気付きにくい

こっちのサイトで焼肉式舌鼓占い
というのをやっているのですが、
焼肉をおごってもらって
その人の運勢を占うっていうジョークサイト。

実際にその機会があって
おごってもらったことがあります。
 icon-arrow-circle-right 1度しか会ったことがない美女に2日で10万円おごってもらった結果…【セルフイメージ】

「記事にします」って言いながら
焼肉を食べ終わった後
しばらくして思ったんですよ。

「これ、ただ『おごってもらう』ことに罪悪感を感じているだけなんじゃないか…?」

ほんとは無条件に
おごられていいんですよ。
ただただ
甘えればいいんです。

「後日記事にする気は、
これ、起きないな」
と察知したので正直に

「これこれこういう理由で、すみませんが記事にしなくていいですか?」

と、申し訳ない気持ちいっぱいで
説明しました。
そしたら普通に

いや、もともと誰も頼んでないよ
って言われました。

 

ほんまや!!(/ロ゜)/

 

うん。
そもそも「1円も払っちゃいけない、ただただおごられるだけのルール」だったし。

デフォルトすぎて
自分でも気付かないぐらい
罪悪感ベースで生きてたんですよねー。

 

「楽をしてはいけない」

「何もしていないのに人からものを貰っちゃいけない」

「頑張ってもいないのに対価を受け取ってはいけない」

「しんどい思いを我慢しなくてはいけない」

と思っている人。
そんなことはないですよ。

「できる人ほど
オンオフをしっかり切り替える」
っていうのは罪悪感ベースで生きていないからだよ。

お仕事無理しすぎないでね。

OSHO禅タロットのGUILT(罪悪感)

OSHO禅タロットのGUILT(罪悪感)。自分を責めているのは、自分なんだよね。

 

惰性でやってるエイプリルフール企画ならいらないんじゃない?

人を楽しませないと、
自分は楽しんではいけない
という
無理して頑張ってしまう
罪悪感まみれの体質の人たちが

組織になり

社会になり

エイプリルフールを作っているなら。

そこから、
無理して頑張っている
罪悪感まみれの痛々しい空気を
感じ取ってしまうのは当然だよね。

 

無理して頑張らなくてもいい。
無理して楽しませなくていい。

無理して明るく振る舞わなくていいんだよ。

OSHO禅タロットのTHE REBEL(反逆者)

OSHO禅タロットのTHE REBEL(反逆者)。内なる鎖を引きちぎる力強い男性。「頑張らなくてはいけない」を引きちぎるのも、また、強さなんだよ。

 

   お知らせ

今だけ!無料で禅タロットが体験できます


 icon-arrow-circle-right 無料メルマガの詳細はコチラ。たった1分で人生を変えるお役立ち情報が届きます。

 icon-arrow-circle-right 鑑定や禅タロット講座についてはサービス一覧からご確認ください♪

 

▼必要としている人に届ける

ABOUTこのブログをかいてる人

帽子のまーし。

放送作家、広告代理店勤務を経験。LINEを使い、全国にいる何百人もの方と地に足の付いた占いセラピーをしています。
“ハッと”気付きを与え、主体性を持つためのお手伝いをします。男をオトすなら、男に相談でしょ♪

【黒歴史】↓僕の半生はコチラ【絶対見るな】

icon-arrow-circle-right 無料プレゼント    Twitterはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA