既読スルーは脈なし?相手の心理と本質的な対処法をセラピストが教えます

高みから見る猫

既読スルーは脈なし?相手の心理と本質的な対処法

帽子のまーし。
こんにちは! あなたに”ハッと”気付きを与える禅タロットセラピスト・帽子のまーし。(boushinomarshi_)です。

好きな人の気持ちって気になりますよね。

「自分のことをどう思っているのか?」「脈はあるのか?」

そんなことを思いながら、ドキドキして送ったLINEに既読はついているのに返信がなかったら…。

誰だって不安になることでしょう。

しかし、お相手の既読スルーに特別な深い意味はなかったりします。つまり気にしないでOK!

今回の記事を読むと、ホッと一息ついて肩の荷を降ろせることでしょう。

スマホ片手に、返事が来るのをいまかいまかと待っているあなたも、スマホから離れていいのです。

さらにセラピストが教える「本質的な対処法」をお伝えします。既読スルーなどによって感情を振りまわされるあなたにぴったりのトレーニングです。

既読スルーに好き嫌いの意味はない。悪い妄想をふくらませないように注意。

あなたはいま、好きな人のことで頭がいっぱいですか?

一方で、24時間のうち、好きな人以外のことを考えている時間もあるかと思います。

それは、好きな人だって同じです。

あなたが送った長文のLINEを、じっくり読み込んで、ていねいに返信したいという気持ちがあっても、腰をすえてスマホに向きあう時間がないのかもしれません。

あなたも、返事はしたいけれども、いまは手が離せないというときがあるでしょう。

好きな人がいまどういう状況におかれているのか、事実はどんなに考えてもわかりませんよね。

それを、嫌われたと勘違いして焦ってしまうと、過去のトーク履歴をさかのぼって…

  • 「こんな風に書いたらいけなかったか」
  • 「まだそこまでの関係じゃないのに、なれなれしかったかもしれない」

 

など、相手はなんとも思っていないのに、悪い方向にばかり妄想をふくらませることになったりして。

そして、まだ返事が来ていないのに、追撃するようにLINEを送ってしまう人は珍しくありません。

好きな人からしたら、あとで返そうと思っていたのに、その前によくわからない長文LINEが送られてきたら、

「なんだか返事がめんどうだな」と思われて、距離をおかれる可能性だって出てきます。

帽子のまーし。
「既読スルー=嫌われている」と思っているから不安になってしまうのです。
箱の中の茶トラ

相手には相手の生活や、都合があります。返せるときもあれば返せないときもあります。

見えない部分を妄想して、勝手に不安になる必要はありません。

既読スルーに好き嫌いの意味はないと一旦心を落ち着けましょう。

あわせて読みたい

価値観は人それぞれ。LINEの使い方も人それぞれ

あなたの持っている価値観と、好きな人の価値観が違うのは当然のことですよね。

好きな人にとって、あなたが大問題だと思っている既読スルーは、全然重要じゃなかったりもするのです。

「既読」をつけたことで、「OK!わかったよ!」という意味にしている人だっているでしょう。

実際、「既読スルーされた翌日会ったとき、いつもどおり話がはずんで拍子抜けした」なんてことにもなるかもしれませんよね。

「嫌われてたんじゃなかった」とホッとすることでしょう。

帽子のまーし。
つまり、スマホとにらめっこしなくていいんです。

LINE上の関係よりも、現実での関係に目を向けよう

目を向けるべきなのは、LINE上での関係ではなく、日常での関係です。

もし、本当に、好きな人があなたを嫌いになっていたとしましょう。

きっと、会ったときも距離を感じたり、会話がぎこちなかったり、避けられたりするのではないでしょうか。

勝手に嫌われていると思い込んで、突拍子もないことをしていては、相手もあなたの気持ちについていけなくなってしまいます。

LINE上であれこれもがくよりも、もっと日常での関係に目を向けていけば、既読スルーひとつに悩む必要もなくなるでしょう。

あわせて読みたい

相手や感情に振りまわされなくなる方法(訓練)。新しい話し相手を作ろう

では次に、相手や感情に振りまわされてしまうあなたにぴったりのトレーニングをお伝えします。

脳を鍛えるのは非常に有効です。

実際、「精力的で、忍耐強くものごとを進められる人物」が爆発事故によって脳を損傷して、「落ち着きがなく、我慢のできない、反抗的で不真面目な頑固者」に一変したという事例が有名です。

では具体的に何をすればいいかというと、「新しい誰かと喋る」ようにしてください。

人は初対面の人と喋る時、頭をフル回転させながら相手がどんな人物なのか、意識的/無意識的に判断しています。

なおかつ、自分も好印象を持ってもらうために、一挙手一投足に神経を使います。

あらためて考えてみると、お喋りってすごい高度な情報処理をしているんですね。

帽子のまーし。
人質交渉人のプロいわく、銃を持った相手とは100%友だちだと思って接するそうです。一瞬でもそこに疑いを持つと撃たれて、実際、3回防弾チョッキに命を救われたんだとか。

話の文脈をくみ取るために、前後の内容を記憶したり、行き来するので、さらに脳は鍛えられます。

僕も禅タロットセラピー3カ月のサポートプログラムをおこなっていますが、クライアントさんには「初対面の人と喋る気持ち」でお話していただくようお願いしていただきます。

↓の映像では、既に気心の知れている方も中にはいらっしゃるのですが、その前提は忘れてもらってイチからお話ししてもらっています。

(※ 動画がうまく再生されない場合は、右下の歯車マークから、動画の画質を落としてみてください。なお実際のセッションではビデオは使いませんので、緊張してしまうという方はご安心ください)

 

そうすることで、状況や、無意識に使っている言葉を、再確認・再定義できるからです。

これ、実はかなり重要なこと。

「新しい誰かと喋る」というのはそういった効果も期待できるので、是非やってみてくださいね。

新しい誰かと出会うつもりで行動して、趣味が増えたりなんかすると一石二鳥です。思わぬ運命の出会いをしたならさらにラッキーです。

あわせて読みたい

既読スルーへの執着を手放しましょう

既読スルーは、あなたが思っているような重大な問題じゃないということが、おわかりいただけたでしょうか。

不安な気持ちは、よくない行動を引き起こしかねません。

既読スルーの原因をさがして、一喜一憂するなら、その時間をほかのことに使ってみませんか?

好きな人だって、そういうあなたの方が、居心地がいいし、安心することでしょう。

「返事がない=あなたへの気持ちがない」

とは限らないのですから、既読スルーへの執着は、手放して大丈夫ですよ。

LINE上ではなく、彼といっしょにすごす時間に、愛を深めていきましょう。

既読スルーに振り回されないためにはコチラがあります↓

▼ セッションのご依頼はLINEから可能です。今だけ友だち追加するだけでプレゼントをGETできますよ!^^

セッションのCTA

ABOUTこのブログをかいてる人

帽子のまーし。

放送作家、広告代理店勤務を経験。LINEを使い、全国にいる何百人もの方と地に足の付いた占いセラピーをしています。
“ハッと”気付きを与え、主体性を持つためのお手伝いをします。男をオトすなら、男に相談でしょ♪

【黒歴史】↓僕の半生はコチラ【絶対見るな】

icon-arrow-circle-right 無料プレゼント    Twitterはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。