別れても縁があればまた会える。またデートに行けるようにxxをしておこう

机の上のひよこ

別れても縁があればまた会える。またデートに行けるように●●をしておこう

帽子のまーし。
こんにちは! あなたに”ハッと”気付きを与える禅タロットセラピスト・帽子のまーし。(boushinomarshi_)です。

大多数の恋人たちは、この人となら、一生一緒に愛を築けると思って、結婚をしますよね。

でも実際は、結婚して月日が流れたら離婚、なんて話はよくあることです。

いま一緒にいる人が、明日にはもう一生会わない存在になっているかもしれません。

逆に、もう一生会えないと思っていた人と、また突然再会することだってあるのです。

ご縁があればまた会えますから、いま、たまたま訪れた別れに、ほんろうされ、傷つく必要はありません。

これを読めば、突然の別れに立ち尽くしているあなたも、前に進むことができるようになるでしょう。

大切なお相手とまた会うために、「これをやっておけばデートに行きやすくなるという秘策」と「絶対にやってはいけないこと」もお伝えします。

別れという現実にあらがわず、受け止めましょう。

最初はあんなに、お互いが求め合い、愛を感じ合っていたのに、なぜ別れはおとずれるのでしょう。

もしかすると、

「あの人の人が変わってしまったから・・」

と感じている人もいるかもしれませんが、そういうわけではないのです。

あなたも恋人も、性格が変わったりしたわけではありません。

人は日々、色々なことを感じ、刺激を受けながら、成長していきますよね。

帽子のまーし。
時には、考え方を変えてでも、前に進まなければならないこともあるでしょう。

そうこうしているうちに、「昨日まではとても気が合っていたのに、今日は全然意見が合わない」なんてことにもなって当然です。

恋人に別れを切り出されたからといって、あなたという人間そのものを嫌いなったわけではないでしょう。

ただ、いまこの状況においては、あなたと付き合っていても良くない、という考え方に変わっただけなのです。

今回はたまたま、恋人から別れを切り出したかもしれませんが、あなたの考えが変わって、あなたから別れを切り出すことだってあるでしょう。

別れはお互いさまです。

変に泣いてすがって別れを拒んでも、よけいに傷つけ合うだけです。

そうなってしまっては、まためぐり合っていたかもしれないご縁も、二度と戻ってこなくなるでしょう。

そうやって、別れに絶望し、どうにかして別れを回避しようと頑張る必要はありません。

いまはただご縁がないだけ。

そういうタイミングなのです。

ですから、変にあらがうことなく、ありのままを受け止めてみましょう。

あわせて読みたい

復縁の執着を手放して、前に進みましょう。

別れがおとずれた今は、悲しくて辛い思いしかないかもしれません。

しかし、彼との出会いと別れで、得たこと、学んだこともあるでしょう。

その学んだことで、明日からのあなたに活かせることがあるかもしれません。

このひとつの別れが、次の新しい出会いに役立つかもしれません。

帽子のまーし。
そう思って、いまは別れを受け止めて、前に進んでいきましょう。

そうやって「復縁への期待を手放して、前向きに進みはじめたあなた」と、「別れにおびえ、泣いてすがっているあなた」。どちらが素敵か、一目瞭然でしょう。

ご縁があれば、別の道を進んでいても、また復縁の可能性はあるのですから、いまは好きな人の気持ちを尊重してあげましょう。

それもひとつの愛です。

前を向くイルカ

お互いが距離をあけて冷静になってみることで、付き合っていたときには見えてこなかったものが、見えてくるかもしれません。

そうして、また巡り合った時に、一度別れた経験や、別れたからこそわかったことが活きてきて、さらに深い愛を築けるようにもなるのです。

ここはひとつ綺麗な別れ方をしておくのも良策です。

あわせて読みたい

またデートに行けるように、これは聞いておくといい

もちろん別れを告げられた時に「はい。そうですね」と物わかりよくいる必要はありません。

理由を聞いて、直すところは直す。お互いに譲歩しあう、ということも大切です。

ただ、そこで感情的になって相手を責め立てたり、会社や家まで押しかけてはあなたの心証は下がります。

この人にはこんな一面があったのか。一緒にいるのは危険だ…。

そう思われてしまっては、再会や復縁は難しくなってしまうのは当然ですよね。絶対にやってはいけません。

そうならないように綺麗にいったん終わらせる、というのは前述のとおりです。

ただそうやって冷却期間に入るにあたって、話のネタを持てていると、連絡のきっかけを作れますよね。

そこで彼の「趣味」「悩み」「夢」をまだ知らない場合には、帰り道にでもヒアリングしておいてください。

復縁は基本、こちらからは連絡をせずに待てばいいのですが、半年~3年経って「そろそろ会いたい」と思った時。これらが連絡のきっかけになります。

僕が主催する3カ月のサポートプログラムの参加者さんに、実際におこなっていただきました。

連絡の方法は、たとえば

  • 久しぶり!●●の武道館公演が決まったらしいね!
  • ●●の2が今度上映されるみたいだね。もう知ってる?
  • 上司がすごい高圧的って話してたよね?新しくうちの会社に入ってきた人がまさにそういう人なんだけど、どう対処したの?

 

みたいな感じ。

「昨日●●を食べた」とか「●●をした」は相手からすると「知らんがな」ですが、「趣味」「悩み」「夢」なら相手も前のめりに喋れます。

これをきっかけに、デートのお話になるかもしれませんので、あらかじめ彼の「趣味」「悩み」「夢」は知っておきましょう。

これによってデートの日程が決まり、数週間後に復縁が成功しました。

「人は自分に関係するものに、高い関心を示す」ということは普段の会話においても、覚えておいて損はありません。

あわせて読みたい

ご縁があればまた会えるから、いまにすがる必要はありません。

別れたからといって、恋人との思い出のすべてを消し去る必要はありません。

その思い出にすがって、執着してはいけない、というだけです。

別れはタイミングだと思って受け入れ、彼への執着はいったん手放しましょう。

過去にすがっているあなたから離れる人はいても、近づく人はいないでしょう。

しかし、未来を向いて進んでいるあなたに、惹かれる人はいるでしょう。

ご縁がある人とはまた会えます。

ですから、執着や期待は手放して大丈夫なのです。

信じている人とのご縁は、必ずまためぐって来ますから、別れに執着することなく、前に進んでいきましょう。

執着を手放して、彼との明るい未来を引き寄せるならコチラがあります↓

▼ セッションのご依頼はLINEから可能です。今だけ友だち追加するだけでプレゼントをGETできますよ!^^

記事下セッションのCTAボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。