夫が不倫!どれだけ慰謝料をもらっても許せない心理はコレかも

帽子のまーし。
こんにちは! あなたに”ハッと”気付きを与える禅タロットセラピスト・帽子のまーし。(boushinomarshi_)です。

夫が不倫した!

周りからは慰謝料を受け取る権利があると言われるし、私自身も「もらえるものは、もらっておけ!!」という気持ちになった。

友人に言われるままに、慰謝料はもらったったけれど...どうして気持ちがスッキリしないのか。

このモヤモヤした気持ちの正体は一体なに?

『不倫相手から慰謝料をもらっても、心が満足しない本当の理由』と『乗り越えて幸せになるための方法』をお伝えします。

パートナーは似た者同士⁈

「夫の不倫が発覚して、すごい辛い思いをしました。」というクライアントさんのお悩み。

慰謝料をもらってもスッキリしなくて、夫への憎しみや嫌なところばかりが見えて気持ちが解消されない、というお話です。

こういうお悩みをお持ちの場合、実は解決すべき対象は旦那の性格ではないことが多いのです。

セッションを通してパートナーのお話を聞いていると、皆さん気づかれることがあるんです。

『似たもの同士でパートナーになっている』ということに!

夫に対して“無責任な人”、彼はいつも自由で、“私は我慢ばかりしている”と。

女性はそう感じてしまいがちなのですが、セッションをやっていく中で、実はそれは自分自身だと気づかれる方は多いんです。

セッションを通して相手の話を聞いていると「実は、無責任は私の方だった。」ということがよくあります。

 

クソ旦那の見えなかった愛に気づく

よくよく考えたら、旦那さんは自分に対して気を遣ってくれていたけれど、女性側は冷めた感じでスルーしてしまっていたりするものです。

映画のような、わかりやすい愛であれば問題ないですが、日本人の男性の愛情はわかりにくいかもしれませんね。

それでも旦那さんなりの気遣いや愛情があったとしたら、軽く流してしまったり、なんとなくそっけなく対応していたら、やっぱり傷ついてしまいますよね。

夫婦なのに、いちいち細かいコミュニケーションを取らなきゃいけないなんて...と、思うかもしれませんが、人と人はやっぱり伝えあわないと難しいものです。

近い存在だからこそ余計に、察してほしいというのは難しいものなのです。

浮気した男の話を聞くだけで耳が痛くなっている妻

 

夫の立場になってみると見えてくること

もちろん信じていたパートナーの不倫によって、あなたの心はとても傷ついてしまったと思います。

「まさか浮気をするなんて」と、今は旦那さんや他の誰かすら、信じることが難しいかもしれません。

でも、自分は何も言わずに、相手にばかり責任をとってもらおうと考えてしまっていたとしたら、モヤモヤはなかなか解消されません。

あなたにとってはまだ苦しいかもしれませんが、「先に無責任を押し付けてるのは、私だったね。」と、思えるほどに寛容に考えていくと、旦那さんがあなたにちゃんと向き合おうとしてくれていたという事実を認めることができます。

「本当は、一番辛い思いをしてたのは夫の方だったのかもしれない。」

そう思えることができたら、あなたの傷ついて張り詰めた気持ちも、解消されない感情も少しずつ緩んでいきます。

悲しいがために雨の中でも座り込んでいる孤独な男性

 

夫のことを認めることは自分のことを許すこと

それでも、償いとして旦那さんは慰謝料を払い続けてくれていますよね。

婚姻費用も滞ったりすることもなく払い続けてくれているのではないでしょうか?

逆の立場なら、自分の収入から毎月結構なお金が消えていくって相当きついことだと思います。

これを有り難いことだと考えるのか、それとも当たり前と考えるのか、どちらが気持ちは楽になっていくでしょうか?

ただ、気をつけていただきたいのが、これまでのことを振り返って自分を責めたりする必要はないということです。

「私はダメだったんだ」とか「感謝しなくちゃ」ということではないんです。

気持ちが緩んできたタイミングって、自然と「もういいかなぁ。」と許しが始まっていきます。

きっとこのブログを読んだだけでは、なんとなくわかっているだけで、まだ納得はされてはいないと思います。

帽子のまーし。
でも、それでいいんです。

心がダメージを受けた時というのは、どうしても癒えるまでに時間がかかります。

特に、大切な人との関係性の場合には、なおさら時間をかけて癒してあげてもいいんです。

いろんなことを積み重ねていって、そのうち必ず、自然と許せるようになるものです。

 

旦那からの愛の存在を認めることは大きな一歩

実は、愛があったことに気づくだけでも、大きな進歩になります。

あの人が悪い、私はかわいそうなんだと言ってる時って、一番かわいそうなのは自分です。

相手が悪者である証拠をいろいろ探して、「私はすごい不幸なんだ」という情報を集めないといといけないわけですから、前向きでいるわけにはいかないですよね。

「不倫男が慰謝料を払い続けるのは当然の報い!だって私はそれぐらい傷ついたんだから…。うぅ…。」

前向きなってしまうと不幸な事実が探せなくなってしまうので、被害者でいないといけないという状態です。

それはとても辛い状況ですよね。

相手を責めてしまう時というのは、相手と戦っているようで実は自分自身と戦って、自分を傷つけてしまっているかもしれません。

 

幸せになる解決策は幸せになると決めること

本当は幸せになりたいはずなのに、自分から真逆の方向に向かっているんだとしたら、旦那さんを許せないという気持ちが大きいのかもしれません。

私が不幸でいないと旦那さんを不幸にできない、という無意識にしてしまっている考え方のせいで、ずっとずっと不幸であり続けようとしてるのかもしれません。

でも、あなたの幸せと旦那さんの幸せは、必ずしもセットではありません。

だから、『私は幸せになる』と決めるということが大事です。

不幸の連鎖を断ち切るのであれば、どうしても自分にも改めるべきことがあります。

ちゃんと改めないと、結局は自分自身が変わっていないので、次にお付き合いする人や別の人間関係、仕事でも同じような失敗を繰り返してしまいます。

あわせて読みたい

 

とはいえ、自分の被害者意識を本当の本当に捨てることって難しいと思います。

相手ではなく、あなた自身が最高に幸せになるために、少しずつ前に進んでみませんか?

今までも十分すぎるほど頑張ってきたのですから、これからのあなたも絶対にできるはずです。

素敵な笑顔で輝いている女の子

僕もあなたの幸せを祈っていますよ!迷った時には、いつでもこのブログを読み返しに来てくださいね。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

   お知らせ

今だけ!無料で禅タロットが体験できます


 icon-arrow-circle-right 無料メルマガの詳細はコチラ。たった1分で人生を変えるお役立ち情報が届きます。

 icon-arrow-circle-right 鑑定や禅タロット講座についてはサービス一覧からご確認ください♪

 

▼必要としている人に届ける

ABOUTこのブログをかいてる人

帽子のまーし。

放送作家、広告代理店勤務を経験。LINEを使い、全国にいる何百人もの方と地に足の付いた占いセラピーをしています。
“ハッと”気付きを与え、主体性を持つためのお手伝いをします。男をオトすなら、男に相談でしょ♪

【黒歴史】↓僕の半生はコチラ【絶対見るな】

icon-arrow-circle-right 無料プレゼント    Twitterはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください