OSHO禅タロットのPARTICIPATION(参加)

OSHO禅タロットのPARTICIPATION(参加)

OSHO禅タロットのPARTICIPATION(参加)

火の4。パーティシペイション(参加)

帽子のまーし。
こんにちは! あなたに”ハッと”気付きを与える禅タロットセラピスト・帽子のまーし。(boushinomarshi_)です。今回はカードの意味と解説です。

このカードがあまり好きじゃなかった。

カードのメインの意味は「やりたかったらいいし、やりたくなかったらやらなくていい」。

  • 「しなくてはいけない」でやるのならしなくていい。
  • 「でも本当はやりたい」のならやりましょう。

 

普通なんですよね~。わざわざカードにすること?みたいな。

でもそんな普通のカードがわざわざ出るということは、それだけ「その普通をもう一度見直そう」という意味なんですよね。

そう考えると一気に好きになりました。

 

あの時の依頼は、やった方がよかった?

画家の友達をセッションしたら面白い並びになりました。

「つい最近テレビ局から『ドラマで使用する絵を描いてほしい』と頼まれたけど断った。あの選択はよかったのか?」という相談です。

一緒に考えてみてくださいね!

画家の引いた禅タロット4枚引きのスプレッド

2枚目のアドバイスの位置には「体験しましょう」。

じゃあやってみた方が良かったのでしょうか?

と、ここで4枚目のメッセージの位置に『PARTICIPATION(参加)』が出ています。

彼としてはどう思っているのか聞いてみました。

すると…

  • 「今は頭で考えずに内側からこみあげてくる絵を描きたい時期。」
  • 「仕事となると締め切りもあるし、『こういう絵にしてほしいという外側からの意見』で描くことになる。」
  • 『こうすれば綺麗に見える』という誰かの目を意識して筆を進めてしまう。」

 

ということで断ったことがわかりました。

というのも美術の予備校時代に「大学に受かるための絵」を描いていたことが起因します。

「時間内に描くためにはこう進めないといけない。」

「綺麗に見せるためにはこう描くといい。」

ガチガチの教育を受け、染まったそうです。

帽子のまーし。
一筆いれたら後ろに立っている先生から「アーーッ!そこに色乗せちゃう?なんで?!」みたいな世界なんだそうな…。

で、無事大学にも受かってとっくに卒業しているのですが、そういった描き方に疑問を持ちだしました。

もっとピュアな気持ちで描いていた頃の方が、自然と大人も喜んでいたし、なにより自分自身が楽しかったんですね。

 

「頭を喜ばせるんじゃなくて、目を喜ばせたい。」

 

「早くこの絵が完成した姿が見たい」という気持ちで寝食忘れて描いていた あの頃の感覚を、今、もう一度見つめたい」ということでした。

だから、断ったのは何も間違いではなく、本当の自分に従ったまで、ということになります。

OSHO禅タロットのEXPERIENCING(体験している)

OSHO禅タロットのEXPERIENCING(体験している)

「そして、それは間違っているかもしれない。で、間違ってたら間違ってたでいいからとりあえず確かめたい」という言葉が彼の口から出てきました。

2枚目のアドバイス「体験しましょう」は仕事のことではなく、このことだったんですね。(←ひっかけ)

ワクワクで崖をも気にしない「FOOL」、確信をえる「INNOCENCE」にもちょっと似ています。

 

この4枚引きのスプレッドにすべてあらわれていた

画家の引いた禅タロット4枚引きのスプレッド

しかし「TRAVELING」も「CONDITIONING」もしかり、面白いぐらいこの4枚にすべあらわているなーと感動しました。

もうひとつ注目したいのは火のスート(カード下部のひし形の色が赤)ばっかり出ているところ。

西洋のタロットでいうとワンド(棒)になります。

他の仕事に関するセッションをしても彼の場合、雲のスート(灰色)が出てこなかったんですね。

西洋のタロットでいうソード(剣)です。

「火→水→雲」の順で文化的になるので、棒を振り回す、まあいわば原始人ですよ。笑

ということは直観で生きる姿勢もこの4枚にバッチリでていたということになります。

帽子のまーし。
感動ってそういったプリミティブな感覚ですもんね。

また「灰色が出ていないことも自覚しておくといいよ」とは伝えておきました。(善い悪いじゃなくて)

仕事で雲が出ないのはつまり「仕事の意識が薄い」ということ。

身内だと、いや身内だからこそついつい「こうあってほしい」という願望、エゴを押し付けてしまいがち。

帽子のまーし。
「もっとバリバリいこうぜ。。。( ;∀;)」みたいな。

でもどっちが上か下かなんてなくて。

「ただ、今、その人はそのステージにいるだけ」ということを理解し中立でいることが鑑定士には大事だと僕は思うんですね。

そして相手にあれこれ言う必要もなく、ただ気付いてもらうだけで人は変わっていきます。

実際「仕事」を総括するまとめの一枚引きで一番偉大な「MASTER」が出たので、何かに気付いたんでしょう。d(^^)

OSHO禅タロットのPARTICIPATION(参加)

面白いセッションなので紹介してみました。いかがでしたか?

「自分のことは自分で決めるから」とタロットに乗り気でなかった友人もスッキリしていて、あらためて禅タロットってすげーと思いました。

というわけで「その依頼受ければよかったのにー!」ということでもなかった『PARTICIPATION(参加)』の解説でした。

あわせて読みたい

 

   お知らせ

今だけ!無料で禅タロットが体験できます


 icon-arrow-circle-right 無料メルマガの詳細はコチラ。たった1分で人生を変えるお役立ち情報が届きます。

 icon-arrow-circle-right 鑑定や禅タロット講座についてはサービス一覧からご確認ください♪

 

▼必要としている人に届ける

ABOUTこのブログをかいてる人

帽子のまーし。

放送作家、広告代理店勤務を経験。LINEを使い、全国にいる何百人もの方と地に足の付いた占いセラピーをしています。
“ハッと”気付きを与え、主体性を持つためのお手伝いをします。男をオトすなら、男に相談でしょ♪

【黒歴史】↓僕の半生はコチラ【絶対見るな】

icon-arrow-circle-right 無料プレゼント    Twitterはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA