彼氏に依存しない方法。セラピストが教える幸せ体質の作り方

寄り添うミーアキャット

彼氏に依存しない方法。セラピストが教える幸せ体質の作り方

帽子のまーし。
こんにちは! あなたに”ハッと”気付きを与える禅タロットセラピスト・帽子のまーし。(boushinomarshi_)です。

恋人ができると、つい、恋人第一の気持ちになってしまいますよね。

「恋人との時間が1番大切で、恋人にはいつもそばにいて欲しい。」

そんな気持ちはあって当然です。

しかし、すべてが恋人だけになってしまうのはただの依存です。相手に依存することと、愛はべつものです。

依存を愛だと勘違いして、関係がこわれてしまう前に、これを読んでみてください。

良い恋愛関係を長く継続する方法は、自立した関係をつくることだということが、おわかりいただけます。

恋愛で依存しない自分になる方法もお伝えしますね。

依存していると、相手は離れていきます。

誰だって、心のよりどころは欲しいものです。

不安なときにそばにいてくれる存在は、いつだって自分自身に、勇気や力を与えてくれますから。

しかし、そんなお相手に依存してはいけません。

依存は、自分を満たしてほしいという、自己本位の考え方によるものです。

  • 「わたしに寂しさを感じさせないでほしい」
  • 「わたしが辛いときは味方でいてくれて当然」

 

このように考え方で依存をしていると、相手の気持ちや都合を考える余裕さえ、失ってしまいます。

あなたの依存度合いが重くなるにつれ、最初は一生懸命応じていた好きな人も、いずれ、その重さに耐えきれなくなるでしょう。

そして突然、別れを切り出されたりするのです。

依存を愛だと勘違いし、自覚すらなかったあなたにとっては、別れは青天のへきれきかもしれません。

依存は、双方にとって不幸せな結末しか生み出しません。

では、そうしないためには、どうしたらよいのでしょうか。

下で鼻をなめる猫

恋愛で依存しないために、恋人以外に、自分の承認欲求を満たすものを見つけましょう。

好きな人に依存しない方法1つ目は、好きな人以外にも、自分を満たしてくれるものをつくることです。

好きな人に依存していると、お相手からの評価がすべてで、他のことはどうでもいい、という考えになってしまいます。

そうならないために、仕事、勉強、趣味など、恋人とはまったく関係ない時間を作りましょう。

名前
「そんなことしている間に、彼の気持ちが離れたらどうするの」

という不安な気持ちもわかります。

しかし、少し他に気持ちを向けただけで離れていくような相手なら、遅かれ早かれダメになっていくことでしょう。

恋人との時間は大切にするべきですし、いままでどおり、たくさん好きでいて大丈夫です。

ただ、他のことにも力をそそいでみることで、彼に依存しないでよくなっていきます。

他のことでもキラキラ輝きだしたあなたを、恋人はもっと好きになってくれるでしょう。

それぞれの成長がお互いを刺激し、尊敬しあえる恋愛関係は長続きします。

あわせて読みたい

恋人に依存しないために、適切な距離をあけ、ふたりの関係を客観視しましょう。

好きな人に依存しない方法2つ目は、適度な距離を保ち、「相手は自分とは違う人間である」ということを理解することです。

依存していると、距離が近づきすぎて、まるで相手が自分と同一人物であるかのように感じてきます。

名前
「私が嫌だと思ったことだから、彼もそう思うにちがいない」

そんなはずはないのに、そう勘違いしてしまうのです。

「私と同じ考えをもつ彼なら、何を言っても大丈夫」

と決めつけていると、いざ反論された時に、それを受け入れられずに絶望するでしょう。

恋人だからといって、1から100まで考え方、感じ方が同じなわけはないですよね。

帽子のまーし。
それを忘れないために、恋人とは適切な距離感が必要です。

少し距離をとって、客観的に恋人を見れるようになることで、恋人と自分との違いを認めることができるようになります。

「こうじゃないとおかしい」という、自己本位の考えもなくなってきます。

そうやって、距離を保てているからこそ、違いを受け入れ、相手を尊重しあえる関係を築けるようになるのです。

あわせて読みたい

依存しない自分になる方法

では次に、依存しない自分になる方法をお伝えします。

依存とは、つまり執着です。執着は「●●がないと生きていけない」という状態を指します。

「そこまで大切な彼から見捨てられるかもしれない」となると不安にもなりますよね。

なおかつ見捨てられてしまっては大変なので、過剰に自己犠牲をしてしまったり、あるいは相手を縛りつけて自分だけを見るように強要してしまうわけです。

そうすると自分もしんどくなったり、相手からも面倒と思われたり散々です。

帽子のまーし。
それがさらに「見捨てられるかも」「見捨てられたくない」を生み出し、負の連鎖となってしまいます。

解決策は、「●●をしても見捨てられないんだ」という安心感や、「彼に見捨てられても大丈夫」という自信を持つことです。

あなたにやってほしい心理療法は”最悪な事態”を想定することです。

  • その最悪な事態は、本当に起きるのか。
  • もしも実際に起きたら、どうするか。

 

これらも合わせて想定しておきましょう。

予想もしていなかったことが起きることに人は恐れます。しかしこれをやっておけば、ある程度どっしりと構えられたり、対処する術も用意しておけます。

もちろん、その最悪な事態を迎える前に、メンタルを改善しておくことができれば一番ベストです。

彼との関係も修復できて、心から愛され、自分も無理なく彼とお付き合いできますから。

実際に、僕の禅タロットセラピー3カ月のサポートプログラムでも先ほどのことをおこなっています。

そうすることで彼から連絡が来て、向こうから逆に追いかける立場になった方もたくさんいらっしゃいます。

是非やってみてくださいね。ただし、自分でやるのが辛すぎたり、上手にできているかわからず混乱する場合は危険なので、一人でやらないようにしてくださいね。

あわせて読みたい

依存しない関係を築いて、末永い幸せを引き寄せましょう。

依存は、お互いにとって不幸せな結果にしかならないこと。

そして、依存しない方法として、

「恋人以外に自己承認欲求を満たすものをつくり、適切な距離を保って自分と同一視しないこと」

が大切であると、おわかりいただけたでしょうか。

このことを心にしっかりとどめておけば、お互いが、心穏やかに愛し合うことができるようになるでしょう。

そして、そんな穏やかな関係は長続きします。

依存しない関係をつくって、すえながく、幸せになりたい方にはコチラがあります↓

▼ セッションのご依頼はLINEから可能です。今だけ友だち追加するだけでプレゼントをGETできますよ!^^

記事下セッションのCTAボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。