【悲報】占いの勉強をしたいならコレを押さえておかないと絶対に続かない

パソコンを見つめる人
帽子のまーし。
こんにちは! あなたに”ハッと”気付きを与える禅タロットセラピスト・帽子のまーし。(boushinomarshi_)です。

「占い師を始めようと思うんです!(またはセラピスト)」

『「相手や感情に振り回されない私」と「ワクワクする人生」をたのしくはぐくむ3カ月のサポートプログラム』を受けてくださった方の多くが終盤でそう言ってくださいます。

僕もそうでしたが、自分自身が癒されエネルギッシュになっていくと、その素晴らしさを人にも伝えたくなるんですよね。(*^^*)

ただ命・卜・相と占いの勉強をする多くの方が辞めていくのも見ています。

そこで今回は独学・誰かに習うのを問わず、占いの勉強を続けて一流になるコツをシェアしたいと思います。

始めるのが目的ではないですもんね。

「占い師になる気はない」というあなたも日々のことに応用できるので是非ご覧ください!

占いを勉強したい!という人が辞める理由

というわけでまずは辞めていくパターンを紹介します。

ちょっと耳が痛くなる人もいるかと思いますがごめんね。我慢してね。笑

①「ワクワクしていないからコレは不向きなんだ」とか言い出す

最初は初期衝動でそりゃもうウキウキしながら勉強を始められます。

でもこれが落とし穴だったりするんですよね。

活動を続けていくうちにしんどくなる場面、面倒な作業がでてきます。

そうするとそのギャップになんだか違和感を覚えだします。

で、しまいにはこう言います。

Aさん
なんだかワクワクしていないんだよなあ…。そうか、これは私には向いてないんだ…!

これ、引き寄せの法則系の人に多いです。

心の声、ハイヤーセルフがワクワクしていない=やるべきことじゃない ということで速攻でやめます。

いや、あまりにこの違和感が続く場合は辞めていいと思いますよ。

でも早い人だと1週間もたたないうちに辞めちゃいます。

素晴らしい才能をもっているあなただからこそ、もったいない。。。

あとそういう人ってそもそもプロフェッショナルや、憧れの人に対する敬意が薄い気がします。

松本人志と植田まさしのコラボ

楽しいし、好きなことだけど、挑戦し続ける限り苦労だってあります。(作:植田まさし)

②「やりたい」ってずっと言ってる

「占星術の勉強をしたい!」「タロットの勉強をしてこんな活動をやりたい!」、、、こういう人はだいたいやりません。

「どうせやらないだろうな」って周りの人も知っています。笑

「やりたい」という言葉はやっていないのが前提なので、「やりたいけど まだやれていない私」を強化させてしまいます。

「やりたいけどまだやれていない私」がどんどん潜在意識に刷り込まれていくわけです。

やっても今度は何か理由をつけて続けるのを辞めます。

で、①になって占いの勉強を辞めます。

あわせて読みたい

 

③身内、周りが否定や反対や心配をしてくる

「占い師になる」っていうと「家族や友達から反対されて」っていうのはよく聞きます。

あるいは「そういわれる気がする」。(実際にはない)

「だからおおっぴらにできないんです」と。

同業者の方とセッションするとこの相談を多くいただきます。

④なんらかのブレーキがかかってしまう

ブロックというものですね。心理的に一歩踏み出せないという状況です。

これは個人によって様々です。

というより↑の①も②も③も、これが裏にあったりします。

人はメリットがあることしかできませんから、「現状を維持する方が得」「辞めてしまう方が得」と何らかの理由があって思っているわけです。

帽子のまーし。
でも潜在意識でかかっているブレーキなので強力です。なかなか取れません。

タロットのお仕事はやれていますが、僕にだって「『やればいいじゃん』って言われてもそれができないから困ってるんじゃ!」ということはあります。

新しいことを始める時って怖かったりしますよね。

だから気持ちはすごくわかるんですよ。

①、②、③は事象にすぎず、あなたの中にある何らかの心の問題をじっくりしっかり根本改善していくことが効果的となります。

あわせて読みたい

 

占い師の勉強・活動を続けていくには

①なんのためにやるのかを明確にする

勉強も活動もしっかり続けていきたいですよね。

その際に大事なことは、「なんのために」を明確にすることです。

行動の前には、まずマインドセットから始めます。

そしてできればそれは自分以外の誰かの幸せためにしてください。

僕の場合は、「もっともっとクライアントさんを癒して、元氣にするため」です。

この「なんのために」が明確なら、その過程の「辛いこと」の質が変わります。

たとえば僕は最近、「ランニング」と「湯船に浸かる」のをはじめました。

これらは「やろうやろう」と思って10年先延ばしてきたことです。笑

なんでやらなかったのかよくよく考えてみると、「時間がもったいない」という感覚があったからなんですね。

帽子のまーし。
そんな時間があるならばもっとほかのことを、、、みたいな。

でも夏バテをおこしていたので、フィジカルからのアプローチもした方が逆に生産的になるかもしれないと仮定して始めました。

運動で体を元氣にして、湯船で副交感神経を強制的に優位にして体を回復させる。

なんのためか?

それによってもっと学び、活動して「クライアントさんを癒して、元氣にする」ためです。

これが自分のためだったら全然サボっていいわけですよ。笑

帽子のまーし。
あなたは自分の弁当は適当に作る。けど彼氏の弁当は徹夜して一生懸命作ったなんて経験はありませんか?

自由気ままな猫でさえ子猫にはメロメロですよね。

もし圧倒的に力のある親猫が子猫を無視して自分だけご飯を食べていたら…。

脳には誰かを助けるように、そしてその時に力が出るようできている部位があります。

ない種はもうとっくに絶滅しているんですね。

では「なんのためにするかを明確にするっていう意識だけでいいの?」って思うかもしれませんが、マインドセットは超重要です。

意識だけで人は変わります。

「ガチガチ!」って言いながら前屈するのと「ふにゃふにゃ~~~~」て言いながらやるのとでは体の柔らかさも変わります。

「ふわっ」って言いながらだと重いものが持てるようになったりもします。

潜在意識のことを②と④で書きましたが、自分は何者なのか、どんな人物なのかという前提はすっっっごく大事なのです。

なので「(何のために→)もっともっとクライアントさんを癒して、元氣にする」を明確にしていれば「毎朝走る」も「めんどくさ~~」「嫌だな~~」ではなく「よし、やるか」になるのです。

あなたが占い師の勉強をやりたい、やりつづけたいというのなら、それは「なんのために」ですか?(*^^*)

帽子のまーし。
ただし嘘はダメです。潜在意識に嘘は通用しません。嫌いな奴の弁当を作るのはイヤでしょ?

②人付き合いを変える

「周りにいる5人の平均が自分である」という考え方があります。(考え方だったり年収だったり)

違いすぎる人とは居心地が悪くて近くにいれないし、周りと同調するようになっているので確かにそうなんですよね。

類は友を呼ぶというか、結局そこにいる限り同じパターンを繰り返すんですよね。

「やるやる」と言って先延ばしにしている人は人間関係やコミュニティーが何年も固定されているように思います。

直近の経歴を聞いていると「この人、結局やらんな」ってだいたいわかります。笑

平均値をガツンと上げてくれる人が一人いるだけでも結構変わります。

人付き合いを変えてみましょう!思い切りはマジで大事ですよ!

あわせて読みたい

 

占いを独学でやりたい!という人が辞めていく理由

独学で占い師になる!という人もちょっと注意することがあります。

というのも上で書いたように、動機が単純に「自分が食っていくため」だと弱いんですよ。

それなら会社員をやっていても条件は満たせるわけですし。

ただしんどい場面、面倒な作業がでてきたときに辞める理由がわんさか出てきて辞めちゃうわけです。

「今の会社が嫌だから」「好きだから」「面白そうだから」なども最初はOKです。

でもちょっと大げさな言い方をすると使命感がある人の方が強いのは目に見えていますよね。

僕も最初はそんな動機でした。

でも師匠が「どんなセッションをしたいの?」「帰るころ、お客さんにはどうなっていて欲しいの?」というのを何度も質問してくれたんですよね。

帽子のまーし。
今思うとそれがめちゃくちゃよかったんです。とても感謝しています。

相撲や高校野球はなぜガッツポーズをしちゃいけないのか、剣道がなぜオリンピック種目化を拒んでいるのか。

文化にはちゃんと理由があります。

表面だけの「好き」だったら選手たちは人生をかけて熱中しませんよね。

だからあり方や、その世界の精神性を理解・共感できているかって重要だと考えています。

ただ独学だとその大事なことが学びにくいんですね。

技術だけなら本でもwikipediaでも学べます。

そういったあり方を教えてくださる人や、人生のメンターが近くにいたかがすごく重要だと思っています。

「あの人みたいにカッコよくなりたい!」っていうね。

 

今までの自分を変えることは誰かのためにも繋がる

だから「自分が食うため」だと弱いんです。

あ、でも「食うため」ならなおさらあり方が重要かもしれません。

じゃないと安売りしちゃうか、正当な対価を受け取れない(メルマガでもよく書いていますが、受け取ろうにも罪悪感や違和感が生まれる)からです。

あなたなら素敵な占い師・セラピストになって多くの方の人生を変えていると信じています。

一緒に頑張りましょうね。

というわけで今回は、占いの勉強をしたいと言う人が辞めちゃう理由とその対策でした!

本当に必要なのは資格とかじゃないでしょ?

習慣化したいことがある場合にも使えるので試してみてくださいね!

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

 

   お知らせ

今だけ!無料で禅タロットが体験できます


 icon-arrow-circle-right 無料メルマガの詳細はコチラ。たった1分で人生を変えるお役立ち情報が届きます。

 icon-arrow-circle-right 鑑定や禅タロット講座についてはサービス一覧からご確認ください♪

 

▼必要としている人に届ける

ABOUTこのブログをかいてる人

帽子のまーし。

放送作家、広告代理店勤務を経験。LINEを使い、全国にいる何百人もの方と地に足の付いた占いセラピーをしています。
“ハッと”気付きを与え、主体性を持つためのお手伝いをします。男をオトすなら、男に相談でしょ♪

【黒歴史】↓僕の半生はコチラ【絶対見るな】

icon-arrow-circle-right 無料プレゼント    Twitterはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA